ホームページの作り方まとめ、運用管理も楽々!

レンタルサーバーを借りる

レンタルサーバーを借りる

レンタルサーバーは国内巷では数万あると言われております、もちろん自分でサーバーを立てて公開することも出来ますがサーバー機購入、OS(Linux)導入、Web(Apach)構築、DNS設定など公開までにやらなければならない事が多く、また公開に至ってもセキュリティ対策バージョンアップなど維持管理していく上で設定することも多く、管理運用まで考えると費用対効果の観点からサーバーを借りてしまったほうがお得なのです

サーバー1ここではレンタルサーバーをGMO社のValuServer・ValueDomainに決め、サーバーをお試ししてみましょう
お試しといってもレンタルサーバーの場合は期限があるだけで出来ることは有料の場合と全く一緒です
まずはご自分のメールアドレスや連絡先の登録を行ないます

ユーザー登録

レンタルサーバーはWordpressが動くという意味では他の会社のサーバーでも良いのですが、肝心要のバックアップに関して今のところ不具合のある他社サーバ(webcrow)などがありこの点では値段が安いだけが選択肢ではありません
正常な動きが分からないwordpress導入したてのころは設定の不具合か?と悩むことになりますが、本来はブログ内容を重視すべきですね!
ご紹介しているVALUE-DOMAINのレンタルサーバーでは今のところそういった問題点はありません
VALUE-DOMAINでは手ごろな費用で次のようなレンタルサーバーを利用することができます
GMO社のレンタルサーバーには価格の安い順に

1.VALUE-SERVER:バリューサーバー
初級者の方におすすめな月額167円から利用できる、格安レンタルサーバーです
格安でありながら、複数ドメイン設定やデータベース、インストール済CGIなどの種類も豊富にあります
*ドメインとサーバーがセットになって大変お得な「まるっとプラン」もあります

2.CORESERVER.JP:コアサーバー
大容量、高性能でありながら低価格で中級者以上の方におすすめ
PHP + MySQLの快適性を重視した、大容量のレンタルサーバーです

3.COREPRESS Cloud:コアプレスクラウド
月額500円から利用できる、高速・高パフォーマンスなWordPress専用クラウド型ホスティング
セキュリティ管理や、サイト運営が便利になるステージングや、バックアップ機能などが装備されている

4.その他 :XREA
無料で利用できるが、広告が表示されるXREAサービスがあります
無料ながら、独自ドメインでの運営やSSL、データベース、CGI利用等、自由度の高さが特徴
中級者以上がターゲットです

いずれかのサーバーを選択し、登録が済みますとVALUEDOMAINから設定したIDとパスワードでログインが出来るようになります

いくつものサービスがありますが、最初はバリューサーバーから始まり、アクセス数が増えるにしたがってコアサーバー、コアプレスクラウドへとステップアップしていくのが王道です
それぞれのサービスには値段に応じた容量とアクセス制限をGMO社が設定しておりますが、アクセス頻度が高くない初期の頃は値段の安いバリュサーバーで全く問題はありませんし
同じGMO社のサーバーであればコントロールパネルが似ておりすぐに慣れることが出来るのでお勧めです

お気軽にお問い合わせください

PAGETOP
Copyright © ホームページを簡単に作る方法 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.